コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の一種で体内には約30種類

ヒアルロン酸やエラスチンと同様に線維芽細胞で作られます。化粧品の美容成分として人気高いコラーゲンには様々な効果が期待できます。

人間の皮膚は表皮と真皮、皮下組織で構成されていますが皮膚の多くが真皮になります。真皮の7割はコラーゲンで、古い細胞を新しい細胞に再生させて肌の健康を維持しています。

血糖値や血圧をコントロールする重要な役割もあり、体中で必要とされていることがわかります。

コラーゲンの合成をスムーズに行うことが肌を美しく保つためには重要です。老化など様々な理由によって合成能力が衰えてしまうとシワやたるみの原因になります。

コラーゲンは化粧品やサプリメント、食品から補うことができます。摂取すると体内でアミノ酸に分解され再度タンパク質に合成されます。

化粧品によく使われるのは水溶性のものです。水溶性の製品に利用されるのは魚の皮や骨などを原料にした海洋性コラーゲンです。海洋性は動物性に比べて加工しやすいというメリットがあります。

一般の化粧品に配合されているコラーゲンは角質層や真皮層まで浸透することはないですが、高分子の膜を張り水分を保つので保湿効果は期待できます。

ビタミンCを一緒に摂取すると合成力を高めることができます。真皮層で肌の健康をサポートするエラスチンを含む食品やサプリメントを一緒に摂取すると効果的です。

脂肪が多い食事や糖分が多いデザートを食べ過ぎると合成を妨げることがあります。
加齢によって肌は徐々に衰えていきますが食事やサプリメント、化粧品を上手に活用することで若々しい肌を維持することは可能です。

睡眠中は細胞の修復が行われるので、睡眠不足にならないように気をつけます。
乾燥すると肌のバリア機能が低下して様々な肌トラブルを引き起こす原因となるため、洗顔してメイクや肌の汚れを取り除いた後は保湿化粧品などを使って十分に保湿してあげることが大切です。

 

コラーゲンペプチドは美容に効く?

コラーゲンは美容効果のある成分だと知っている人も多いでしょう。

タンパク質の一種なのですが、タンパク質というのは人間が生きていく上で欠かせない成分の一つです。人間の体を作っているタンパク質の30%がコラーゲンと言われています。

皮膚の約70%はこの成分が占めており、この成分が豊富にあるとハリや弾力のある肌を保つことができるのです。コラーゲンは体全体に存在しており、骨や血管などにも多く含まれているということです。骨粗鬆症はカルシウム不足だけでなく、体内のコラーゲンが不足することも原因の一つとされています。

この成分には骨の内側の柔軟性を保つという役割があるため、骨が折れてしまうのを防いでいるということです。この成分は皮膚の健康を保つだけでなく、体や臓器の健康を保つ役割もあります。コラーゲンはもともと体内に存在する成分ですが、年齢を重ねるごとにどんどん減少してしまいます。

体内で作り出す力も衰えてしまうため、外部から補っていく必要があるのです。コラーゲンは栄養価としては非常に低いため、摂取しないと命に関わるといったことはありません。病気のリスクが高まるといったこともないですし、普段の食生活においてはあまり意識していないという人も多いかもしれません。

しかし、体や臓器の枠組みをつくるタンパク質ということで不足すると体の組織が弱くなってしまうことがあります。肌のシワやたるみなどもできやすくなりますし、年齢を重ねた女性は特に積極的に摂り入れたい栄養素と言えるでしょう。コラーゲンは体内で生み出すことができますが、さまざまな栄養素が必要となります。

そのため普段からバランスの取れた食生活を心がけましょう。コラーゲンが多く含まれる食品としては、フカヒレや手羽先、うなぎなどといったものが挙げられます。食事だけで必要な量を摂取することは難しいため、サプリメントやドリンクなどの健康食品を上手く利用しましょう。