コラーゲンペプチドは美容に効く?

コラーゲンは美容効果のある成分だと知っている人も多いでしょう。

タンパク質の一種なのですが、タンパク質というのは人間が生きていく上で欠かせない成分の一つです。人間の体を作っているタンパク質の30%がコラーゲンと言われています。

皮膚の約70%はこの成分が占めており、この成分が豊富にあるとハリや弾力のある肌を保つことができるのです。コラーゲンは体全体に存在しており、骨や血管などにも多く含まれているということです。骨粗鬆症はカルシウム不足だけでなく、体内のコラーゲンが不足することも原因の一つとされています。

この成分には骨の内側の柔軟性を保つという役割があるため、骨が折れてしまうのを防いでいるということです。この成分は皮膚の健康を保つだけでなく、体や臓器の健康を保つ役割もあります。コラーゲンはもともと体内に存在する成分ですが、年齢を重ねるごとにどんどん減少してしまいます。

体内で作り出す力も衰えてしまうため、外部から補っていく必要があるのです。コラーゲンは栄養価としては非常に低いため、摂取しないと命に関わるといったことはありません。病気のリスクが高まるといったこともないですし、普段の食生活においてはあまり意識していないという人も多いかもしれません。

しかし、体や臓器の枠組みをつくるタンパク質ということで不足すると体の組織が弱くなってしまうことがあります。肌のシワやたるみなどもできやすくなりますし、年齢を重ねた女性は特に積極的に摂り入れたい栄養素と言えるでしょう。コラーゲンは体内で生み出すことができますが、さまざまな栄養素が必要となります。

そのため普段からバランスの取れた食生活を心がけましょう。コラーゲンが多く含まれる食品としては、フカヒレや手羽先、うなぎなどといったものが挙げられます。食事だけで必要な量を摂取することは難しいため、サプリメントやドリンクなどの健康食品を上手く利用しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA